産婦人科と一般病院

産婦人科の仕事というのは、一般の病院の仕事とは少し違うところがあります。一般的な病院は、どちらかと言うと人の死に関わる仕事ですが、産婦人科ではむしろ人の誕生に携わることが多いからです。そのため、仕事をすることにとてもやりがいを感じることができ、看護師からの人気も高い職場なのです。もちろん、人の誕生ばかりではなく、堕胎などといった人の死について考えるようなことがまったくないというわけではありません。また、たとえ産婦人科で働くことになっても、実際に出来ることとしては一般的な病院でする内容とほとんど変わりません。というのも、医師のサポートをするのは助産師の仕事であり、看護師は表立って医師のサポートをすることができないのです。つまり産婦人科で働くにはそれだけ専門的な知識が必要ということです。

看護師よりも助産師の求人が豊富であるため、人気が高い一方でなかなか職場を見つけること自体が難しいのです。しかも少子化に伴い、そもそも病院の数自体が少なくなっていることも、求人が見つかりにくい要因のひとつです。ただ、助産師のように直接は出産のサポートはできないにしても、人の誕生に少しでも関われるというのはとても貴重な経験になるでしょう。もちろん大変なこともありますが、喜びを感じながら毎日を過ごすことができるようになります。また、一般の病院に比べると残業や休日出勤の割合も少ないという点も良いところかもしれません。

2016年7月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031