助産師の資格を持っておきたい理由

産婦人科で働くということに魅力を感じる女性看護師も多いでしょう。受診する患者さんは女性ならではの悩みを持っている人ばかりであることから、同じ女性として親身に相談に乗ることができ、女性だからこそ打ち明けてもらいやすい内容もあります。男性ではカバーしきれない内容であっても、女性だからこそカバーできるという場合もあって、現場でも女性の人手が重宝されているというのも魅力の一つです。

しかし、実際に現場で活躍したいと思っても現場によってはそれが難しいこともあります。どの診療科でも医師が中心的な役割を果たすことになるという点は共通しますが、産婦人科の場合にはそれに加えて助産師が大きな役割を果たすからです。現場によっては医師と助産師でほとんどの仕事がまかなわれてしまい、看護師には雑用程度しかやることがないということもあります。

そういった状況でしっかりと働きたいと思うと、助産師の資格を取る必要があるということを心得ておかなければなりません。専門教育を1年または2年間受けて試験に合格する必要がありますが、現場で活躍したいという人にとっては余りある恩恵が受けられるでしょう。学生のうちから産婦人科を希望しているのであれば、就職する前に助産師の資格を取得してしまっておくというのも良い方法です。そうすることによって、資格取得のために看護師としての仕事を中断する必要がなくなり、一直線に働き続けることができます。

2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930