産婦人科で働くやりがい

産婦人科で働いている看護師のやりがいは、何と言っても新しい命の誕生を見届けられることにあり、妊産婦のケアが好きな人にとっては非常に魅力的な職場となっています。他の診療科目と決定的に違うのは「生」に関われることです。診療科目の仕事内容については各医療機関のシステムによっても違いが見られますが、様々なシーンに臨機応変に対応できる人材が求められます。

例えば、分娩の際に医師のサポートをすることは看護師の重要な仕事のひとつですが、同時に妊婦の身の回りの世話に関する知識や技術もしっかりと学ばなければいけません。全国の産婦人科においては充実した研修制度が設けられていることがあり、経験が浅い人やブランクのある人でもスムーズに職場に適応できる体制が整えられています。自らも出産を経験し復職した看護師であれば、より親身に妊産婦に寄り添うことが出来るため貴重な人材となるでしょう。【関連リンク:看護師が語る産婦人科お役立ち情報

産婦人科の勤務時間は、不規則であることが指摘されているため、ライフスタイルを重視したい人であれば、シフト制など人員管理が整っている病院やクリニックで働くことがポイントです。また、こうした診療科目の看護師の給料については、夜勤や宿直などの勤務の回数や経験年数などによって大きな開きがあることから、定期的に求人をチェックしておくことで、希望条件に見合った事業所に積極的にアピールをするチャンスを掴めます。出産までの道のりについては、多くの医療スタッフにとって注目すべき事柄として捉えられており、各職種の連携が大きなポイントとして挙げられます。

2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930